月読の光を待ちて

今年の十五夜、晴れましたね。全国各地でお月見されている様子を、SNS等で楽しく拝見しました。 工房でも、畑のいもを掘ったりお団子を作ったりして、ささやかにお祝いをしました。 月の満ち欠けが教えてくれる暦が、季節に取り残さ...

消滅集落の大例祭

旧暦8月11日(9/28)は、高知県のとある消滅集落の薬師堂の法要です。舗装されておらずガードレールもない峠の険道、ジェットコースターのような(!)凸凹道を乗り越え、行ってまいりました。 2年前に修理させていただいたお薬...

工房から秋のたより

高知県内で移転してから半年がたち、やっと本格的に稼働し始めた感のあるよしだ造佛所です。 連休中に、県道近くの萩の花が散り始めたのを見て、今朝(集落の方に確認して)少し分けていただきました。 風に揺れてけぶるように咲いてい...

仁王像(眞牧山長谷寺 蔵)搬出完了

 去る7月29日、梅雨明けとともに長谷寺山門から仁王像を搬出いたしました。皆様のご協力により、予定より早く羽尾工房へ運び入れることができ、燻蒸作業にスムーズにうつることができました。  長谷寺の寺族の皆様はじめ檀信徒様、...

作業場リフォーム中

別ページでもお知らせしましたが、新型コロナウイルスの流行で、4月に予定していた長谷寺仁王像修復事業が夏以降に延期となりました(関係各所には適時連絡しておりますが、こちらでもまたお知らせいたします) 現在、他の修復や制作を...

お線香

仏師と尼僧の物語

OKOPEOPLEで連載中の「ほりごこち」から、仏師が登場する物語「ながれながれて」をご紹介します。  背筋の伸びた後ろ姿が、ぼんやりと恵葉の胸の内に現れた。 恵葉と呼ばれた尼僧は、奉公している寺院での御本尊の開眼供養会...

秋の木漏れ日と温かいお茶

連載コラム更新@彼岸寺

ご縁をいただいた彼岸寺さまでの連載も、4回目となりました。 「対話で仏像を彫り出してみよう!」というコンセプトで進めていますが、現在は荒彫り(あらぼり)の段階です。 吉田仏師曰く、 暗闇の中頂上の見えない山を登るような手...