理念

時代を超えて、受け継がれていくように

古典への回帰、そしてはじまり

仏教伝来から約1400年、連綿と受け継がれて来た日本の仏教彫刻。
近年は仏像ブームもあって、外国製の安価な像や作家性の高い個性的なもの、緻密な仏像フィギュア等、素材も作風もバリエーションに富むようになってきました。

このように多種多様な仏像がある中で、
これから500〜1000年先まで残されていくお像とはどのようなものでしょうか。

それは、実際に何百年もの間守り伝えられて来た平安〜鎌倉様式の仏像にヒントが有ると考えます。これらの古仏は、その普遍的な美ゆえに時代を超え今も人の心を深く打つのでしょう。

弊所では吉田仏師の指揮の下、長年の仏像修復で得た知識と技術を消化・吸収し、平安・鎌倉様式に独自の解釈を加え、現代の感覚に適合し、かつ信仰の対象としてふさわしい御姿を模索しながら日々制作に取り組んでいます。

古典的でありながら現代的
時代を反映しつつ普遍的な美しさをもつ

そのような造顕を使命と考えます。

 

仏教美術の伝達者として

多くの伝統的な素材や技は今や危機的状況にありますが、古来の技や知恵には合理的で人や環境への負担が少ないこと、未来の仏像修理者とも素材や技法の共有がしやすいといった良い点がたくさんあります。

その伝達者としての自覚をもち、また木の神性・仏性に敬意を表し以下を大切にしています。

・できるだけその土地で育った木材、天然素材を用いて
・昔ながらの道具を用いた古典技法で
・一刀一刀手仕事で造像

ただ、古典技法・素材にこだわりすぎるのは、コストや納期の点からも現実的ではありません。修復理念に則って、新しい技術や素材も日々研究し、施主様のご予算に見合った最適な方法をご提案・選択しながら、柔軟に修理・修復、制作にあたります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。